2012年09月24日

戦略

経営計画を毎年作成される会社は多いことでしょう。
しかし当然ながら、経営計画に書かれた戦略が
良い戦略ですと業績は向上するでしょうし
悪い戦略だと業績悪化します。

極端に言えば、

悪い戦略によって悪い方向に行くくらいなら
戦略を立てない方がよいともいえます。

「戦略の大家」が、ものすごくわかりやすい戦略の本を書きました!

「良い戦略、悪い戦略」
リチャード・P・ルメルト著

この本は、こちら ⇓

良い戦略、悪い戦略

新品価格
¥2,100から
(2012/9/24 09:49時点)




内容紹介
■良い戦略は単純明快だ!
1805年、イギリスは、重大な危機に直面していた。ナポレオンがヨーロッパの大半を征服し、イギリス侵攻をもくろんでいたのだ。フランスとスペインは、ジブラルタル海峡に程近いトラファルガー岬に33隻の艦船を結集。27隻で編成されたイギリス海軍と対峙した。
さて、通常の海戦であれば、両軍が向かい合い、艦砲射撃で敵艦にダメージを与えた後に接近戦に移行するのが定石である。だが、ネルソン提督の考えた戦略はちがった。2列縦隊をつくり、仏西連合艦隊にいきなり真横から突っ込ませた。
当然、先頭の船は非常な危険にさらされる。だが、連合艦隊の砲手は練度が低く、その日の海はうねりが大きかった。敵艦隊には真横から突入する我々を正確に狙い打つ腕はない、と読んだのだ。
結果、トラファルガーの海戦は、イギリス側の圧倒的勝利に終わった。イギリス海軍は、艦船を一隻も失わなかった。

■あなたの「戦略」は、その名にふさわしいか?
このように、良い戦略は、単純かつ明快である。パワーポイントを使った説明も、マトリクスやチャートも無用。必要なのは、打つ手の効果が一気に高まるポイントを見きわめ、そこに狙いを絞って資源と行動を集中させることだ。
ネルソン提督の課題は、敵の艦隊のほうが数で上回っていたことだった。そこで、敵の艦隊を分断するため、先頭の船を死地に飛び込ませるリスクをとるという選択をした。敵が分断され統率を失えば、経験豊富なイギリスのほうが優勢だと判断していた。
このように良い戦略は、組織が前に進むにはどうしたらよいかを明確に示す。難局から目をそらさず、それを乗り越えるための指針が示されている。「いま何をすべきか」がはっきりと実現可能な形で示されていない戦略は、欠陥品だ。

■世界的な戦略の研究者による第一級の著作!
だが世の中の「戦略」のほとんどは、戦略の体を為していない。本書の目的は、「良い戦略」と「悪い戦略」の驚くべきちがいを示し、「良い戦略」を立てる手助けをすることにある。著者ルメルトは世界的な経営学の研究者を表彰するThinkers50に選ばれた人物であり、長年にわたって戦略を研究してきた第一人者。本書は超一流の著者による「経営戦略」の書だ!

良い戦略、悪い戦略

新品価格
¥2,100から
(2012/9/24 09:49時点)



「良い戦略、悪い戦略」
リチャード・P・ルメルト著



■■鎌倉宝石よりインフォメーション■■

天然Dカラーダイヤモンド専門店「ディーブラン」
>> http://www.d-blanc.net
希少性の高い「D」カラーダイヤモンドを使った上質なジュエリーを
ネット通販ならではのお手頃価格にてご提供いたします。
ご自身へのご褒美、大切な人への贈り物としてご利用ください。
ダイヤモンド宝石言葉「永遠の絆・純愛・独立・不屈」







ラベル:戦略
posted by 鎌倉宝石 at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。